私には免許しかない

qwefsefd
 

看護師を養成する学校を出て
国家試験に合格をしたものの、
看護師として働いていない。経験がない。

このようなペーパーナースの方も実際にはいます。

 

このようなペーパーナースの方はどうしても
「私には免許しかない」
と思ってしまうかもしれません。

でも、まずは逆を考えてみてください。
「私には看護師免許がある」

 

そうです、ペーパーナースであっても、
看護師免許は持っているのですから、
看護師として働くことはできる
んです。

そこで、ペーパーナースが看護師として働くために
まずはどのようにすれば採用してもらうことが出来るのか
いくつかのコツを紹介したいと思います。

 

とりあえず免許があればOKな職場

 

看護師を必要としている職場の中には
看護経験よりも看護師免許があることが大事
という職場もあるんです。

例えば福祉施設や保育園など、
基本的には医療行為を行わない職場です。

 

このような職場の場合、
まず看護師免許があることが重要で、
施設側では看護師がいるという安心感を得たい。

というケースで採用をするケースがあります。

 

もちろん、看護師免許を取るにあたっては
看護師として働く上での基礎的な知識や
基礎的な技術は取得しましたよね?

この基礎的な知識や基礎的な技術でも
しっかりと対応することが出来る
ので、
ペーパーナースでも比較的務まりやすいんです。

 

もちろん、就職後には独自に看護知識や
看護技術を高める向上心は必要
ですよ。

 

積極的に医療にかかわりたい

dejfijief
 

せっかく看護師免許を持っているのだから
積極的に医療にかかわりたい。

ということを考えているペーパーナースであれば、
まずは復職研修などを受けてみることを
お勧めします。

 

看護協会では潜在ナース向けの復職研修を
かなり頻繁に開催しています。

ペーパーナースの方でも、
このような潜在ナース向けの研修を受けて
埋もれていた看護知識や看護技術を掘り起こしましょう。

 

まずは就職に向けて先に進んでみる向上心は
採用する側にとってみればやる気のある人材と
映りますよね。

向上心を持っていることを積極的に
アピールするいい材料になります
ので、
復職研修の受講はおススメです。

 

研修制度、プリセプター制度がある職場に

 

ペーパーナースであるあなたが
スムーズに職場で勤務をすることが出来るよう、
病院側の受け入れ態勢が出来ている。

このような病院を選んで応募することは
採用してもらうためのコツの一つなんです。

 

看護師の免許を持ちながらも看護職としては
現在働いていない人に現場復帰してもらいたい。

研修制度やプリセプター制度がある病院は
積極的にこのような意思を持っていることが多く、
ペーパーナースの復職も支援してくれます。

 

もちろん、向上心を持って仕事に臨みたいという姿勢。
看護職員として働いていく意思。

このようなものをしっかりとアピールすることが
とても大切ですよ。